鍵を受け渡す時間の都合が難しい事

最近は、Airbnbと言うサービスが流行ってきており、いくつもの物件を所有して旅行者に貸し出すという人が増えてきています。

これを副業としてある程度の収入を得ている人がいるため、そのノウハウを多くの人に広めている人がいるのです。実際に、人体物件の賃貸料金よりも数倍の収入を得る物件があるので、やり方によっては不動産売買よりも収入を高める事が可能になるのです。

Airbnbでは、旅行者が物件を借りる日に、ホストの方が鍵を渡すという手続きが必要になります。つまり、他の仕事をしていては旅行者が到着して鍵をもらい受けたいときに、その場にいることができないことがあります。

そうなってくると、鍵を受け渡す代行業者に依頼することになりますが、その費用が結構かかってしまうので、Airbnbで収入を得るすべてをトータルして考えると、かなりのネックになってしまうのです。

なので、副業として賃貸物件を旅行者に貸し出すという人の多くは、鍵を受け渡す際のコストをどれだけ下げることができるかがポイントになっています。

ある程度の収入が上がってくると、副業としてやっていくのではなくAirbnbで不動産を管理していくのをメインに考えていく人もいます。

まだまだAirbnbが広く認知しているとは言いがたいですが、それでも実際に利用した人の好感度は高まってきているので、今後の旅行のスタンダードなスタイルになる可能性は充分にあります。

なので、専業で不動産を管理していく人も増えていくと考えられるのです。多くの物件が登録されるようになってくると、今度は価格競争が発生してくる可能性があります。

現在のところはリーズナブルな料金で、空き部屋を借りることができるのでとてもメリットがあると話題になっていますが、価格競争が優先されて品質が下がったりしてしまうと問題になる可能性があるのです。

そのあたりを踏まえて、より利益を出す方法が求められてくるし、方法が分かってくると同じやり方をするライバルのホストの方も増えてくる可能性があるのです。

SNSでもご購読できます。