空き物件は旅行者に貸し出して収入を得る

賃貸物件を複数所有していて、常に空いている部屋があるときには、Airbnbに登録して旅行者に貸し出すという考え方があります。

この方法で、収入を増やしていく方法が流行っているのです。特に日本の場合は、住宅事情から小さな間取りの部屋が多くあって、賃貸住宅として不動産屋に登録していても、なかなか借り手がつかないことがあります。

場所的に都心から近ければ、旅行の際に利用する宿泊施設としては十分に機能するのです。なので、旅行者が宿泊して楽しめるような家財道具をすべて揃えた状態で、Airbnbに登録します。

そして、部屋の中の間取りや、各所の使い勝手の良い部分や、部屋の外に見える風景などを写真で撮影し多くの情報をアップロードしておくのです。

この情報を確認した外国の旅行者の方から、借り入れの申し込みを受けることがあるのです。そのようにして、自分の空いている物件を旅行者に貸し出すのですが、人気のある部屋を所有していれば、毎月の賃貸料よりも相当高額な収入を得る事が可能になります。

つまり、自分の建物ではなかったとしても、観光客が注目しそうな物件を賃貸して、それをAirbnbに登録して旅行者に貸し出すという方法があるのです。

なので、外国の方たちがどのような部屋に住みたいのかをよく考えて、駅から近い物件や、レジャー施設に隣接しているような物件を借り入れるのが賢い考え方になります。

このようなビジネスが流行るようになってくると、そのうち飽和状態になることが考えられます。つまり、Airbnbに登録してある物件で、少しばかり宿泊費用が高ければ全く借りる人がいないような状況もかんがえられるのです。

その名状況になってくると、今度は旅行者側のメリットが相当に増えてくる事になります。より安い宿泊費用で旅行することが可能なのであれば、旅行業界が大いに活性化されていく可能性があります。

その一方で、既存のホテルは宿泊者が減少する傾向にあるはずなので、そのあたりの経済的なダメージが表面化する可能性があります。