空き室が自宅にあれば外国人と交流もできて収入源にもなる

Airbnbが急速に拡大してきています。Airbnbは、海外の旅行先で現地の人の家を借りられるサービスです。家一軒まるごと貸しているケースもあります。別荘を貸しているオーナーもいます。今住んでいる家で、空いている使っていない部屋を貸しているオーナーもいます。Airbnbの魅力は、現地の人の空いている部屋を安く借りられることが魅力なので、現地の空気を感じられることができると、旅行者にとっても魅力的で人気が高まってきました。現地の人の家のなかの空いている部屋に宿泊することは、異国情緒を感じられるからなのでしょう。

宿泊用のホテルと違い、家の空いている部屋を提供するというサービスがAirbnbです。だから、部屋にも個性があるので、宿泊する旅行者にとっても、余計に嬉しく感じられるのです。安い宿泊用のホテルに泊まると、無機質な雰囲気とうことも、たまにあります。ところが、Airbnb経由の宿泊用の部屋を借りるとそういったことが、ほとんどありません。現地人の家を借りて泊まるからです。

アパートの一室を借りられることもあるのも、Airbnbの特徴です。プール付きの豪邸の一室から、普通の一軒家の一室や、アパートの一室まで、比較的安く借りられるので、旅行者に人気なのです。

掃除は、専門の代行業者が行います。場合によっては、料金プランに応じて提供する部屋の掃除前の写真と掃除後の写真もレポートにてオーナーに見せるので、ホスト側も旅行者側も、衛生面でも安心して泊まることができます。

今、Airbnbは、世界で190カ国以上の人々がオーナーになっています。Airbnbに登録されている物件は、60万件以上で、世界中で毎日、50万人位上がAirbnbの物件に宿泊しています。

東京オリンピックも控えていることで、今後、日本国内での需要も急速に拡大されていうことでしょう。Airbnbは、オーナーと宿泊客が一緒に交流できることも、魅力の一つです。安く宿泊場所を確保できることで、宿泊料金以外の他に使えるお金に余裕が出ることで、オーナーと宿泊客が一緒に食事に行くこともあるからです。外国人との交流を取ってみたい方にもおすすめできる魅力的なサービス、それがAirbnbです。

もちろん、無理に交流することはありません。ただ、部屋を提供するだけでも構わないのです。