話題沸騰のairbnb

旅行先で住居を利用出来るサービスについて

旅行の目的は文化を楽しむ事だと言われています。文化は国や地域によって異なっているもので、旅行先で見慣れぬやり方に戸惑うケースは少なくありません。しかし文化の違いによって驚かされる事は、旅を何度も繰り返すうちに病みつきになるのです。人気の観光スポットが偏るのはイベントが充実しているからだけでなく、過去の時代の文化が色濃く残っているからだと言われています。しかし歴史的な遺跡や遺物が飾られている美術館で触れられるのは過去の文化です。現代の風習や生活習慣を体験する事は難しいと言われています。宿泊で利用するホテルもより多くの人から受け入れられるように、無難なサービスや構造になっている事が珍しくありません。だから最近では旅行先で住居を借りられるエアビーアンドビーが人気です。エアビーアンドビーは契約している人が住居を貸し出すサービスであり、ホテルの様な完成されたサービスは提供されません。しかし常識の範囲内であれば好きな様に借りた住居を活用出来るため、現地での生活を体験出来ると言っても過言ではありません。利用方法も非常に簡単でエアビーアンドビーのサイトを通して、住居を貸し出す人とやり取りを円滑に進めるだけです。サービスの提供者が利用金額を決定するため、場合によっては宿泊施設のサービスよりも割高でなのが難点だと言えます。しかし現地に住む人が送っている生活を実際に体験出来るため、観光スポット巡りよりも文化を知る事が出来ると評価する人も存在するのです。エアビーアンドビーのサービスが高い評価を受けるようになったのは、ロンドンオリンピックが契機だと言われています。当時のロンドンでは宿泊施設が少なかったので、オリンピックの観戦客が苦労する事になったのです。しかしエアビーアンドビーのサービスが活躍した結果、観戦客が安心して利用出来る拠点を手に入れられました。だから2016年のオリンピックでも、ホテル不足の問題を解決する事を期待されています。

予想外の旅をAirbnb(エアビーアンドビー)で。

旅行って楽しいですよね。旅行に出ると、毎日のルーティンワークの繰り返しで疲弊した心がよみがえる気がします。ホテルに泊まって観光地を巡って美味しいものを食べて…というありきたりの旅も楽しいものですが、もっともっと充実した旅を経験したくはないですか?
もしあなたがそう思うのならAirbnb(エアビーアンドビー)を試してみて下さい。こちらは2008年8月にサンフランシスコで発足したコミュニティー・マーケットプレイスです。そのサービスは世界中の旅人と宿泊場所をつなぐというもの。ミソはその宿泊施設がただのホテルではないこと。通常なら泊まれるはずもない、一般の家庭やお城や遊牧民のゲルなど、ありとあらゆるユニークな場所が宿泊施設として登録されています。
そして今、この瞬間にもAirbnb(エアビーアンドビー)に登録される宿泊施設は増え続けています。世界190ヶ国34,000以上の都市で展開されていると聞けば、誰もが驚くのでは?というか都市って34,000以上もあったのですね…。
明治時代、東北や北海道などを旅行し、旅での見聞を「日本奥地紀行」に残したイギリスの女性旅行家イザベラ・バード。彼女の時代、旅籠がそこかしこにあるわけではなく、旅の途中の宿泊には一般の民家を利用することも珍しくありませんでした。そうした体験から編まれた珠玉の旅行記は、今でも読む者の心を揺さぶり止みません。
何でもかんでも清潔に安全にと進化し続けた時代を越え、今、私たちに必要なのはイザベラ・バードの時代のような経験なのではないでしょうか?
Airbnb(エアビーアンドビー)の底に流れる理念には、そういった旅の経験を尊ぶというところがあるように思われます。
「うまく現地にたどり着けるだろうか?」と心配したり、泊まった先で受けた人の親切に涙したり…旅先で出会う予想外の出来事こそ、旅の良き思い出となるはずです。
予定通りスケジュールをこなすことばかりが、旅する目的ではありません。あなたにも、Airbnb(エアビーアンドビー)で巡り合った場所で、かけがえのない旅の時間が過ぎることを願ってやまない次第です。

Airbnbというサービスのこれまでの歩み

最近よく聞くAirbnbというサービスですがそもそもどのようないきさつで誕生して
これほどまでに拡大したのでしょうか。
Airbnbはブライアン?チェスキーとジョー・ゲビアという二人の人物のアイディアから始まりました。
彼らが共有していた部屋に宿泊サービスとしてエアベッドと朝食のサービスを提供するところから始まり
その後ネイサン・ブレチャジックという人物を三人目の創業者として向かえ
Airbedandbreakfast.comとして正式にホームページを開設し活動を開始したそうです。
このサイトを立ち上げるための資金集めとして、シリアルの販売なども行い
それは当時の大統領候補から着想を得たものだったのですが、それがヒット
Airbedandbreakfast.comの開設資金へとなりました。
正式にホームページが立ち上げられた後、細々としたエアベッドと朝食のサービスだけではなく
現在のAirbnbに通じる物件の貸し出しに関するサービスも開始されました。

2009年3月にはAirbedandbreakfast.comを現在のAirbnbに改名し、現在行われている
一般の住宅を使った宿泊サービスなども開始されました。
今ではホテル業界など宿泊関係のサービス業界から警戒の目を向けられるレベルにまで成長しています。
400万人が利用するまでは4年の年月が必要だったそうですが、そこから900万人まで進むのには
一年とかからなかったそうです。
これまでは世界各地で展開しつつもどちらかというとアメリカやヨーロッパといった
西洋圏に活動の重点を置いていたAirbnbですが、最近シンガーポールに新しい本部を設立し
これからはアジア地区でもサービスの拡大を積極的に行っていくそうです。

海外では不況で高所得層でも、家を手放さなくてはいけなくなるというような事態も多々発生しているのですがそのような人たちがAirbnbで自宅を貸し出すことによって、その収入によって
生活を保っているといったケースもあるそうです。Airbnbのサービスが個人の問題にまで影響を及ぼしていることの好例でしょう。

古い家が外国人には人気となる可能性がある

外国の方が日本に旅行に来るときには、日本のイメージのする宿泊施設を探す人がいるのです。つまり、お寺のような和風の建物に住んでみたいと思う人がいます。

地域によっては、そのような古風な建物の民宿がありますが、レジャー施設など楽しむ事ができる観光地とかなり離れていることがあります。なので、旅行で移動するような範囲内において、最適な宿泊施設を探すようになります。

そのような場合に有効となってくるのがAirbnbです。この住居スペースは、賃貸物件などをそのまま利用しており、地域の人たちに賃貸契約をして貸せるのではなく、旅行者に開放している状態なのです。

当然のように宿泊費用が出るのですが、ホテルに支払う費用よりもずいぶん安い料金設定となるのです。なので、旅行をよくする人たちから知りされるようになり、今ではAirbnbを知らない人はいないような状況まで有名になってきました。

そして、一般的な一軒家なのですが、古風な家の場合にはAirbnbでも人気になる事があります。不動産としては非常に価値の低い建物なのに、旅行者にとっては話題になる宿である可能性があります。

そうなってくると、昔ながらの家は取り壊して、新しい建物に作り変えるのではなく、Airbnbで利益を出すための物件として長く所有するという考え方もあるのです。

安い価格で宿泊施設を借りることができるというサービスは、世界的にもとても指示されているので、今後も利用した人の良いレビューが世界中に広がっていくので、利用者数は更に増えていくものと考えられるのです。

利用者が飛躍的に増えてくると、借りる事ができる施設のバリエーションも増えてくるので、旅行者にとっては様々な家を体験できる良い機会にあります。

そのような状況になってくると、旅行をする頻度も増えてくるはずなので経済効果も更に高くなってきます。テレビやネットなどで情報を閲覧するだけでなく、その地域に実際に足を運んで旅行を満喫することは非常に良いことだと言えます。

Airbnb(エアビーアンドビー)は新しい宿泊モデル

 旅行先で宿泊するとすれば、ツアー会社に申し込んでホテルをとってある一定のツアーに申し込んだり、宿泊先のホテルだけを旅行会社やインターネットを使って押さえたりとして旅行に行くのが通常の旅行へいく方法です。ですが、このような宿泊スタイルに変化をもたらすかもしれない新しい宿泊モデルが存在します。それが、Airbnb(エアビーアンドビー)というサイトですが、ここを利用すればこれまでの
宿泊先では考えられなかったような場所に宿泊する事が可能になります。
 このサイトは、簡単に言えば、自分自身が所有する家の開き部屋を旅行客に貸し出すというシステムで、提供されている宿泊先は日本はもちろん、世界中の様々な人が提供している家に宿泊することが出来るシステムです。どちらかといえば民宿に近いスタイルですが、民宿と違うのは、探し出せば提供されているお部屋の中には非常に豪華な部屋が提供されていて、通常ホテルであれば、スイートルームでも予約しなければ宿泊できないような豪華な部屋も、場合によって非常に低価格で宿泊できるということです。
 Airbnb(エアビーアンドビー)のメリットは、とにかく低料金で宿泊することが出いるという点です。
 部屋を空き部屋にしているくらいなら貸したほうが良いというスタンスで、部屋を提供してくれている人が多いので、料金設定もホテルに泊まることを考えればずっと低料金で宿泊することが出来ます。価格設定は、安いものであれば2000円、3000円といった部屋から、数万円の豪華な部屋まで多種多様で、自身の予算に応じた宿泊先を選ぶことが出来るといえます。また、この宿泊スタイルが支持される網一つの理由に、宿泊先の人々とのコミュニケーションをとることができるという点があります。ホテルではなかなか現地の人と触れ合う機会がありませんが、Airbnb(エアビーアンドビー)を利用することによって、地元の人や文化、生活スタイルにも触れることができることが魅力ともいえます。

口コミによってクオリティを確認する事ができるAirbnb

何かを利用しようと考えている方々は、しばしば利用者の評判を気にしています。というのも多くの方々は、人々から好評なサービスを利用したいと思っている事が多いのです。悪評が多いサービスよりは、むしろ好評なサービスの方がメリットが大きいという考え方も根強いですね。
ところで旅行者の方々も、それは同様です。海外旅行などに伴って宿泊をするケースも多いですが、もちろんその際にはサービス内容の質を求めているものです。できるだけ良いサービスを提供してくれる宿泊施設の方が、好ましいと思っている方は大変多いのですね。やはりサービスの品質が良い方が、旅行先でも楽しむことができるでしょう。
もしも品質が高いものを求めているのであれば、Airbnbの物件を利用するのも一法です。なぜならその物件の場合、宿泊物件の状況を口コミで確認する事ができるからです。
そもそも私達が好評なサービスを利用したいと思うのであれば、口コミはとても有用なのですね。口コミを見てみると、サービス利用者の感情などを調べる事ができます。そのサービスを用いた結果どのような気持ちになったかも、全てWEB媒体で掲載されているのですね。その情報は、とても参考になると思います。
そしてAirbnbの物件の場合、前述のようにその口コミを確認する事ができますので、クオリティーも確認できる訳ですね。もちろんポジティブな口コミが多く投稿されている物件ならば、それだけサービス内容も期待できるでしょう。そのメリットは大きいと思います。
そもそも私達が利用しようと思っている宿泊施設の中には、上記のような口コミを確認できない所もあるのですね。その場合は、ちょっと宿泊施設の善し悪しを判断するのが難しくなってしまうでしょう。
しかしAirbnbの物件の場合、それを確認する事ができる訳ですから、それだけ無難な所を選べる確率がアップする訳ですね。ですので旅行先で良い所に泊まりたいと思うのであれば、Airbnbの物件はおすすめです。