話題沸騰のairbnb

意外と安い家も多く揃えられている

Airbnbを利用することによって、旅行先の現地で家を借りることができます。当然レンタルするためには費用が必要となり、ある程度のお金を払って借りなければなりません。そのレンタル費用は住んでいる方が決めているような形となり、高い所と安い所に分かれています。高い所はしっかりした作りになっていることが多いので、基本的に住むことに苦労はありません。しかし高すぎてホテルよりもお金がかかってしまう所もあるので、安い家を利用している方も多くいます。
安い家の場合、何らかの問題を抱えている可能性もありますし、立てられてからかなりの年数が経過しているので、古臭いことが多いです。それでも安く抑えられる可能性があるので、Airbnbを利用してレンタルする方法は有効となっています。この方法を利用することによって、ある程度借りられる家を選べるという部分もありますし、自分が希望しているような家を見つけられることもあります。住むべき場所を見つけやすいというのは、とても大きなメリットと言えることです。
高い家を利用する場合の注意点は、すぐに借りられる家が無くなってしまうことです。借りようと思ったら、その日には別の人が予約を入れてしまい、利用することが出来無くなっていることがあるのです。このような問題点については、Airbnbを利用する前にどのようなルートで旅行をするか考えて、借りる場合は早めに手をつけていかなければなりません。借りるタイミングによっては、利用することが出来ない家も当然ありますから、希望してもなかなか使えないことが出てくるのです。
画期的なサービスの1つとしても知られており、利用することによって多くの家から住むべき場所を見つけられることがあります。ホテルを借りるよりも家を借りた方がいいと思っているのであれば、希望する家や地域を選択して、Airbnbを経由して申込みをすることになります。早いもの勝ちとなっている家もあるので、早めに手を付けることも大切です。

Airbnbと法律

Airbnbは全世界で空いている部屋や家屋などを有料で貸すことができるというインターネットを経由したサービスですが、すごい勢いで成長しているサービスでもあります。かなり話題になっているサービスでもありますし、すでに日本でもサービスの運用が始まっているようですが、従来の法律では違法になる可能性があることが報道されました。たいていの法律は新しいサービスなどが出ると後を追って整備されていくものでありますが、そのようなものがない現状では、現在存在している法律での違法性が問題になります。Airbnbは世界的なサービスでありますが、ある国では違法として摘発された例もすでに存在します。
日本でAirbnbの提供するサービスが法的に問題になるのは旅館業法ということになるでしょう。旅館業とはお金を取って、宿泊させるのを営業行為としている業態を言いますが、Airbnbの場合は空き部屋や家屋を有料で貸し出すのですから、旅館業法でいる旅館業に当たる可能性があるというわけです。しかし、Airbnb自体が部屋や家屋を貸すわけではなく、実際に貸すのはAirbnbにそれらを出品している実際のオーナーですから、Airbnbは旅館業ではないことはわかります。ですので、実際にはAirbnbではなく、出品をしている人が旅館業であるかどうかが問題です。これは把握が非常に難しい問題で、出品者が営業行為としての旅館業を営んでいる場合には旅館業法の規定に基づいた営業をする必要があることは言うまでもありません。それにしかるべき役所に届け出る必要もあります。
日本での対応はどうなるのか、これから法的に整備されるのか、現状の法律のままで何らかの規制が入るのかはわかりませんが、Airbnbを利用して出品しようと考えている人はちょっと立ち止まって違法になる可能性はないのかどうかを検討してみることは必要です。2020年の東京オリンピックまでに何らかの道筋がつけられる可能性が高いと思われますが。

Airbnbという宿泊で違った旅行を楽しむこともできる

何処かへ旅行に出かけたら、ホテルに滞在するか旅館に滞在するか、それともコテージだったりという選択肢はいろいろあります。たまに旅行して楽しむのだから、たっぷりお金をかけて滞在するか、それともできるだけ安い料金にして滞在するかは良く考えているでしょう。旅行では、いつもの自宅とは違った環境と宿泊施設で、のんびりくつろげることが醍醐味となります。だから宿選びには慎重を期すことは当然のことです。

宿泊の一形態としてのAirbnb(エアビーアンドビー)についてはご存知だったでしょうか。Airbnbを利用するというのは、旅行に行った先の土地で、現地に建っている家を借りることができるサービスなんです。他人の家におじゃまして宿泊するなんて、そんなことが可能なのかと思いますが、実際に貸し出しているお宅はあるんです。それは海外では普通にあることだし、日本国内でもAirbnbを行っているお宅は、比較的増えてきています。貸し出しているお宅の家主は、完全に長期間留守にしていて、一軒まるごと借りられる場合もあります。一軒まるごと借りられる場合には、家屋の管理の全てを、Airbnb利用者に任されることになります。家屋内のお風呂やキッチンなどすべての施設を、気兼ねなく使いたい時に使える自由度があります。人に束縛されたくない旅行を望んでいるなら、一軒まるごとのAirbnbがおすすめになります。

Airbnbでは、あいている一部屋だけを借りられる場合もあります。料金面で節約できるのはこちらのタイプです。もし小さな部屋だけ借りて、住んでいるかのようにして短期間暮らしていくとしたら、家主との共同生活になります。その場合には家の中で自由に振る舞えるというわけではありませんが、家主が世話をしてくれる分、楽なこともあります。食事を提供してくれたり、話し相手になったりすることもできます。基本的には旅行なわけですから、日中は各地の観光名所を訪ね歩いて、夜間だけAirbnbのお宅に宿泊するということでも良いでしょう。それならば気兼ねは不要になります。

Airbnbがホストとゲストにもたらした恩恵

現在Airbnbが話題となっています。Airbnbが何なのかよくわからないという方のために詳しく書かれているサイトのリンクを貼っておきます。こちらのairbnb代行で評判の良い「Airbnb Supporters」ではAirbnbの紹介だけでなく運営・管理・代行もおこなってくれる会社なので気になった方は無料で相談してみるのもありです!

ここからはAirbnbを知っている前提の話になってきてしまうのですが、「民泊」という新しい旅のスタイルが流行しているそうです。ちょっと聞き慣れない言葉ですが、民泊とは、「民家に宿泊する」ということだそうです。つまり、ホームステイということですね。こう言うと、「ホームステイなら新しくない、昔からあったよ」、そんな反論が返ってきそうです。しかし、従来のホームステイと現在の民泊は似ているようで異なるものです。というのも、従来のホームステイは留学生が一般家庭に寄宿することと同義でしたが、現在の民泊の利用者は必ずしも留学生というわけではありません。むしろ、普通の旅行客がホテルの代わりに民家に泊まるようになっているのです。

ホテルではなく民家に泊まる旅。この民泊という新しい旅のスタイルを流行させたのが、Airbnbというアメリカのベンチャー企業です。Airbnbのサイトを覗くと、そこには様々な宿泊物件が紹介されており、そのほとんどがただの民家であることに驚かされます。大きな一軒家もあれば、こじんまりとしたマンションの一室もあり、お城やヴィラ、ツリーハウス、ハウスボートなんていう変わり種の物件もあります。ありふれたホテルではなくユニークな民家に泊まりたい。そんな欲望を世界中の旅人に植えつけたのが、Airbnbという民泊仲介サイトなのです。

新しい旅のスタイルが開かれたということは、新しいタイプのビジネスが開かれたということでもあります。民泊の流行は旅行者(ゲスト)に選択の多様性という恩恵を与えただけではなく、民泊の提供者(ホスト)に金銭的利益をもたらしたのです。Airbnbのホストの中には積極的な物件投資を行う人達もいますが、多くのホストは自宅を気軽に貸し出しているだけです。つまり、元手がゼロの状態から利益を生み出しているのです。現在、Airbnbに登録されている物件は150万件以上にもなりますが、かくも多くの人々がホストになるのは、民泊サービスが美味しい副業であるからに他なりません。

このように、Airbnbを中心とする民泊サービスの流行は、ゲストとホストの双方に恩恵をもたらしています。このWin-Win関係があるかぎり、民泊サービスが今後ますます盛んになることは疑い得ません。

Airbnbで賢く安く楽しい旅を

海外では割と当たり前に行われていたAirbnbのシステムですが、日本でも東京オリンピックの開催決定や世界文化遺産の増加などで、海外の観光客が増えるに従い浸透してきつつあります。
Airbnbは旅行者に自宅を宿泊先として貸し出したい人(ホスト)と、宿泊先を探している旅行者(ゲスト)とのコミュニケーションサイトのようなものです。
宿泊料金はAirbnbに登録をしたホストが設定をするので、一定の金額ではありません。
その設定された宿泊料金とAirbnb側に支払うシステム利用料が、宿泊時に発生する料金となります。
ゲスト側は190か国34000を超える地域で登録されているホストの中から、自由に宿泊先を選ぶことが可能なので、様々な地域の文化に触れることができます。
ホストを選ぶときにも詳細なプロフィールや、これまでにそのホストを利用したゲストのレビューを見て決めることができるので、普段の旅行でホテルを探すときと何ら変わりはありません。
宿泊タイプも選択することができて、ホストと同室が嫌だという場合には、まるまる貸切という建物を独り占めできる選択肢があるので心配はありません。
もちろん地元の人と同じ生活をしたり、コミュニケーションが取れる生活がしたいという場合には、個室やシェアルームというプランがあるので、そちらを選べば同じ居住施設で同居をすることもできます。
一方、部屋を貸し出す側のホストは、Airbnbに無料で自分の情報を掲載することができます。
部屋の写真の掲載はもちろん、居住施設や近隣エリアの紹介、交通機関やWi-Fiなどの必要なサービスの紹介をすることで、自分に合ったゲストの招待が可能になります。
掲載が完了したら、後はゲストからのコンタクトが来るのを待っていれば良いのです。
部屋や建物が空いている人にとっては都合のいいサービスにもなりますが、ホストとしてゲストとのコミュニケーションはしっかりと行わなければなりません。
清潔な施設を提供するのはもちろん、おもてなしの気持ちでゲストを迎え入れる準備をする必要があります。
Airbnbという新しいシステムで、今までの旅行とはまた違った思い出作りができるのではないでしょうか。

日本政府がAirbnb共同創業者に意見聴取

爆発的に広がっているAirbnbですが、日本でも旅館業法的にグレーであるように、各国反応は様々です。欧州の一部の国では早々とAirbnbを禁止した国もあります。
日本ではどうなるでしょう。日本への観光客が年間1500万人を超していますが、実はそのうち100万人がAirbnb利用者なのです。
海外からの観光客のかなりのシェアを2008年に創業したばかりのAirbnbが持っている現状になります。
そして、Airbnbの創業者によりますと、日本での需要はまだ伸びるとみているそうです。
日本の政府はAirbnbせざるを得ない状況でしょう。
第一の原因として、政府主導で海外からの観光客3000万人を目指していることもあります。
それなのに、現在1500万人程度の観光客で首都圏や人気観光地の宿泊施設は満員状態なのです。
経済状況を考えると、宿泊施設が今の2倍も建設できるとは考えられません。
そこでAirbnbのような一般の住宅を貸し借りできるサービスというのに焦点が集まっているのです。

Airbnb自体、未だニューヨークと揉めています。ただ、日本では国家戦略室が特区を設けて旅館業法の規制緩和を決定しています。そしてその一環として、自民党は観光立国調査会が開催した「観光産業活性化に関するワーキングチーム」において、Airbnbの共同創業者であるネイソン・ブレチャージグ氏から意見聴取をしました。
これは政府の主管する内閣府地方創生推進室とは別の動きで、自民党が行っている観光立国調査会ですが、自民党は当分与党であり続けるでしょうから、ほぼ同調した動きだと言えます。
また、自民党のIT戦略特命委員会でも検討が進んでいるようです。

やはり、そろそろ海外からの観光客の一割を担うようになるAirbnbを抜きにしては、観光立国推進は無理だと考えたのでしょう。
当面は東京オリンピックまでに年間2000万人の観光客を目標にしています。
ということは、これから東京オリンピックまではもちろん、その後もAirbnbの需要が増え続けるだろうと思われるのです。

現地の住居での生活を楽しめるサービス

世界各国で運営されている有名なホテルは、優れたサービスを提供する事で信頼されています。サービスの内容や質に変化は存在せず、多くの顧客がリフレッシュする事が出来るのです。しかし旅を楽しむ人の中には一流の宿泊施設の考え方に不満を抱くケースもあります。旅行を楽しむ人にとって見慣れたサービスが魅力的ではないからです。彼らの様な旅好きの人間は特定の地域でしか見られない慣習に価値を見出していると言えます。しかしホテルの目的は顧客の精神と肉体のメンテナンスであり、観光スポットとして機能させる事ではありません。だから文化を楽しみにしている人に向けたサービスを展開する事は難しいのです。それをクリアするために手を挙げたのがAirbnbになります。Airbnbとはウェブサイトの一つであり、未使用の不動産を所有している人が登録しています。未使用の不動産を旅行者のために貸し出す事で利益を得られるからです。このやり方は通常の宿泊サービスよりも料金が安めというメリットの他に、現地での暮らしを体験出来るというものがあります。住居は生活を便利にするため工夫が凝らされています。例えば日本に存在している家屋では玄関に靴を脱いで入室します。フローリングを外履きで歩き回るという慣習が存在しないからです。それは他国から来た人にとって非常に珍しく見えます。またキッチンの作りも大きく異なるので、食材を持ち込み調理する事で食文化も体験可能です。食材の調達は近隣のスーパーマーケットで行えます。買い物を済ませる前に袋を開封する事は許されていないので、それも外国人にとって目新しい光景だと言えます。以上の様に前述した文化を楽しみたい人間を満足させられるのです。Airbnbは宿泊設備の確保と異文化体験という旅の醍醐味を同時に達成出来ます。それは旅にスパイスを与えるため更に楽しく観光出来る事は間違いありません。だからAirbnbの登録者と閲覧者が増加傾向にあるのです。

Airbnbを利用する場合の自己管理の方法

Airbnbを利用する時に、ホテルなどの施設に管理人などが駐在していなくて、盗難に遭ったなどの様々なトラブルに遭遇した声を聞いています。住宅として借りているという認識を持って大事に利用する事が基本ですが、盗難などのトラブルに巻き込まれないようにしっかりと自己管理を行う意識を持つ事が大切です。
部屋を借りていて、タバコの不始末で火事になったり、家財などの道具を破損させた場合は、規定によって多額の損害賠償をしなければならない場合もあります。火災などのトラブルに巻き込まれた場合に備えて、火災保険に加入している所もあります。不可抗力で火災などのトラブルに遭遇した時のために、各種の保険に加入して対策を練っている所が最近になって多くなっています。
Airbnbを利用した場合、仮に財布などの所有物を盗まれた場合、基本的には盗まれた物の補償などは行っていません。従って、高額の現金やブランド物などはできるだけ部屋の中に持ち込まない方が良いです。
最近は貴重品を持って来られる利用者の事を考えて、部屋の中に貴重品などを入れるセキュリティ対策としてのボックスを設置している傾向です。設置されているボックスに関して、厳重に作られていることが特徴で、少々の衝撃では破損しない造りになっています。金目の所持品を多く持ち込むことを想定して、金目も所持品に関しては、セキュリティのボックスに保管しておいた方が安全です。しかし、すぐに利用する財布などは自分の責任としてしっかり管理しておく事が原則です。
貴重品や利用をする際に不安な事があったり、トラブルなどが出た場合に遠慮なくAirbnbの運営者に尋ねます。内容によってはAirbnbの運営者が対処しかねる事もありますが、家族や個人が解決しきれない事を抱え込まない事が原則です。自分で管理する能力でトラブルに巻き込まれない意識を持つ事も大切ですが、快適に過ごしていくために専門知識のある運営者に尋ねる事が不安の解消の対策になります。

Airbnbを利用して少し変わった宿泊施設に宿泊する

 Airbnbを利用するメリットを考えたとき、宿泊施設が変わっていておもしろいというのが挙げられます。Airbnbに登録されているホストは、観光客を楽しませようとする考えの人が多いため、普通の宿泊施設を提供していない場合があります。それは、見た目や宿泊施設の場所がかなり変わっているということです。

 その中には、コンテナハウスやツリーハウスもあり、それらの写真を見ているだけで「すごい!」ととても驚いてしまいます。日本に比べて海外は住居の様式がさまざまあるため、その中には想像外の宿泊施設があったりもします。便利さだけを考えれば普通の宿泊施設のほうがもしかしたら良いのかもしれませんが、そこで日常生活を送るわけではない海外旅行ならば見た目や場所にこだわって宿泊施設を選んでみるのも一興です。

 その姿を写真に撮ってSNSにでもアップすれば大きな注目を浴びるでしょうし、これぞまさに海外旅行の醍醐味といえます。そして、そんな少し変わった見た目や場所だったとしても、宿泊料金がそこまでバカ高くなるわけではないです。Airbnbはそこが大きな魅力で、たとえ宿泊施設にこだわったとしても宿泊料金は安く済ませることが可能です。

 どうせ海外旅行をするのなら、日本では絶対に味わえないような体験をしたほうが良いです。海外旅行はかなり長くても1週間くらいが限度ですので、その間になるべく非日常な体験をしておいたほうが記憶に残ります。

 海外旅行をしているときは見るものすべてが新鮮でそこがとても楽しいわけですが、それは宿泊施設においても変わりないです。そんな宿泊施設に宿泊することができればいつまで経っても忘れない旅の記憶になりますし、それが実現できるAirbnbはかなり役立つサイトだと評価できます。

 あまりにもトリッキーな宿泊施設はさすがに躊躇してしまうかもしれませんが、そんな宿泊施設に思い切ってチャレンジするのも悪くはないですし、Airbnbは利用のしかた次第で海外旅行を大きく変えられます。

Airbnbは革新的なサービスなんです。

Airbnb、これは旅行好きにとっては非常に革新的なサービスになるかもしれません。
なんといってもホテルなどの宿泊施設を利用するのと比較して、非常に割安である場合がほとんどなので
旅費も安く抑えられますし、何よりも現地の人々とコミュニケーションをとるという
旅行の醍醐味を非常に味わえるからです。
Airbnbが提供しているのはなんと、現地の普通の人の家に宿泊できるというサービスで
今ではサービス開始された場所のアメリカのみならず日本を含む世界レベルでサービスが展開されています。
Airbnbにて家に宿泊OKとして登録している人も様々で、普段はホームステイなどを受け入れている
ごく普通の一般家庭などに始まり、セレブがその豪邸の敷地を貸し出しているケースなど
多岐に渡ります。なので、自分の旅行目的に合わせて宿泊する施設を選ぶのが良いでしょう。
その地域の雰囲気を味わいたければ、そのような雰囲気のある家に宿泊すればいい訳ですし
普通に快適な旅行を楽しみたければ、ある程度近代的な設備をもっていそうな家に泊まればいいわけです。
このような旅行者のニーズを的確についてくるAirbnbのサービスは宿泊業界の価格破壊を引き起こす
といわれるほどで、その言葉からはサービスの拡大と安価ぐらいが非常に分かりやすく伝わってくると思われます。

Airbnbに登録されている家々は非常に膨大な数になるので
宿泊する場所を探そうにもどの家が良いのか迷ってしまう事もあると思われます。
そんな人が参考にするべきなのが、他のAirbnbによる家々に対するレビューと
お気に入りリストです。
レビューはその名前のとおり、Airbnb上にて宿泊した家の評価を書く所で
お気に入りリストは一般的なイメージの物とはことなり、そこにお気に入りの物件を載せる事で
他のユーザーに公開され、おすすめ物件をシェアしあえるという仕組みになっています。
この機能はAirbnbユーザーに非常に評価されていて、この機能が追加されてから
Airbnbの利用者自体が上昇したという結果がでるほどです。