Airbnbを利用する場合の自己管理の方法

Airbnbを利用する時に、ホテルなどの施設に管理人などが駐在していなくて、盗難に遭ったなどの様々なトラブルに遭遇した声を聞いています。住宅として借りているという認識を持って大事に利用する事が基本ですが、盗難などのトラブルに巻き込まれないようにしっかりと自己管理を行う意識を持つ事が大切です。
部屋を借りていて、タバコの不始末で火事になったり、家財などの道具を破損させた場合は、規定によって多額の損害賠償をしなければならない場合もあります。火災などのトラブルに巻き込まれた場合に備えて、火災保険に加入している所もあります。不可抗力で火災などのトラブルに遭遇した時のために、各種の保険に加入して対策を練っている所が最近になって多くなっています。
Airbnbを利用した場合、仮に財布などの所有物を盗まれた場合、基本的には盗まれた物の補償などは行っていません。従って、高額の現金やブランド物などはできるだけ部屋の中に持ち込まない方が良いです。
最近は貴重品を持って来られる利用者の事を考えて、部屋の中に貴重品などを入れるセキュリティ対策としてのボックスを設置している傾向です。設置されているボックスに関して、厳重に作られていることが特徴で、少々の衝撃では破損しない造りになっています。金目の所持品を多く持ち込むことを想定して、金目も所持品に関しては、セキュリティのボックスに保管しておいた方が安全です。しかし、すぐに利用する財布などは自分の責任としてしっかり管理しておく事が原則です。
貴重品や利用をする際に不安な事があったり、トラブルなどが出た場合に遠慮なくAirbnbの運営者に尋ねます。内容によってはAirbnbの運営者が対処しかねる事もありますが、家族や個人が解決しきれない事を抱え込まない事が原則です。自分で管理する能力でトラブルに巻き込まれない意識を持つ事も大切ですが、快適に過ごしていくために専門知識のある運営者に尋ねる事が不安の解消の対策になります。

SNSでもご購読できます。