Airbnbというサービスのこれまでの歩み

最近よく聞くAirbnbというサービスですがそもそもどのようないきさつで誕生して
これほどまでに拡大したのでしょうか。
Airbnbはブライアン?チェスキーとジョー・ゲビアという二人の人物のアイディアから始まりました。
彼らが共有していた部屋に宿泊サービスとしてエアベッドと朝食のサービスを提供するところから始まり
その後ネイサン・ブレチャジックという人物を三人目の創業者として向かえ
Airbedandbreakfast.comとして正式にホームページを開設し活動を開始したそうです。
このサイトを立ち上げるための資金集めとして、シリアルの販売なども行い
それは当時の大統領候補から着想を得たものだったのですが、それがヒット
Airbedandbreakfast.comの開設資金へとなりました。
正式にホームページが立ち上げられた後、細々としたエアベッドと朝食のサービスだけではなく
現在のAirbnbに通じる物件の貸し出しに関するサービスも開始されました。

2009年3月にはAirbedandbreakfast.comを現在のAirbnbに改名し、現在行われている
一般の住宅を使った宿泊サービスなども開始されました。
今ではホテル業界など宿泊関係のサービス業界から警戒の目を向けられるレベルにまで成長しています。
400万人が利用するまでは4年の年月が必要だったそうですが、そこから900万人まで進むのには
一年とかからなかったそうです。
これまでは世界各地で展開しつつもどちらかというとアメリカやヨーロッパといった
西洋圏に活動の重点を置いていたAirbnbですが、最近シンガーポールに新しい本部を設立し
これからはアジア地区でもサービスの拡大を積極的に行っていくそうです。

海外では不況で高所得層でも、家を手放さなくてはいけなくなるというような事態も多々発生しているのですがそのような人たちがAirbnbで自宅を貸し出すことによって、その収入によって
生活を保っているといったケースもあるそうです。Airbnbのサービスが個人の問題にまで影響を及ぼしていることの好例でしょう。

SNSでもご購読できます。