Airbnbがホストとゲストにもたらした恩恵

現在Airbnbが話題となっています。Airbnbが何なのかよくわからないという方のために詳しく書かれているサイトのリンクを貼っておきます。こちらのairbnb代行で評判の良い「Airbnb Supporters」ではAirbnbの紹介だけでなく運営・管理・代行もおこなってくれる会社なので気になった方は無料で相談してみるのもありです!

ここからはAirbnbを知っている前提の話になってきてしまうのですが、「民泊」という新しい旅のスタイルが流行しているそうです。ちょっと聞き慣れない言葉ですが、民泊とは、「民家に宿泊する」ということだそうです。つまり、ホームステイということですね。こう言うと、「ホームステイなら新しくない、昔からあったよ」、そんな反論が返ってきそうです。しかし、従来のホームステイと現在の民泊は似ているようで異なるものです。というのも、従来のホームステイは留学生が一般家庭に寄宿することと同義でしたが、現在の民泊の利用者は必ずしも留学生というわけではありません。むしろ、普通の旅行客がホテルの代わりに民家に泊まるようになっているのです。

ホテルではなく民家に泊まる旅。この民泊という新しい旅のスタイルを流行させたのが、Airbnbというアメリカのベンチャー企業です。Airbnbのサイトを覗くと、そこには様々な宿泊物件が紹介されており、そのほとんどがただの民家であることに驚かされます。大きな一軒家もあれば、こじんまりとしたマンションの一室もあり、お城やヴィラ、ツリーハウス、ハウスボートなんていう変わり種の物件もあります。ありふれたホテルではなくユニークな民家に泊まりたい。そんな欲望を世界中の旅人に植えつけたのが、Airbnbという民泊仲介サイトなのです。

新しい旅のスタイルが開かれたということは、新しいタイプのビジネスが開かれたということでもあります。民泊の流行は旅行者(ゲスト)に選択の多様性という恩恵を与えただけではなく、民泊の提供者(ホスト)に金銭的利益をもたらしたのです。Airbnbのホストの中には積極的な物件投資を行う人達もいますが、多くのホストは自宅を気軽に貸し出しているだけです。つまり、元手がゼロの状態から利益を生み出しているのです。現在、Airbnbに登録されている物件は150万件以上にもなりますが、かくも多くの人々がホストになるのは、民泊サービスが美味しい副業であるからに他なりません。

このように、Airbnbを中心とする民泊サービスの流行は、ゲストとホストの双方に恩恵をもたらしています。このWin-Win関係があるかぎり、民泊サービスが今後ますます盛んになることは疑い得ません。

SNSでもご購読できます。