Airbnbで賢く安く楽しい旅を

海外では割と当たり前に行われていたAirbnbのシステムですが、日本でも東京オリンピックの開催決定や世界文化遺産の増加などで、海外の観光客が増えるに従い浸透してきつつあります。
Airbnbは旅行者に自宅を宿泊先として貸し出したい人(ホスト)と、宿泊先を探している旅行者(ゲスト)とのコミュニケーションサイトのようなものです。
宿泊料金はAirbnbに登録をしたホストが設定をするので、一定の金額ではありません。
その設定された宿泊料金とAirbnb側に支払うシステム利用料が、宿泊時に発生する料金となります。
ゲスト側は190か国34000を超える地域で登録されているホストの中から、自由に宿泊先を選ぶことが可能なので、様々な地域の文化に触れることができます。
ホストを選ぶときにも詳細なプロフィールや、これまでにそのホストを利用したゲストのレビューを見て決めることができるので、普段の旅行でホテルを探すときと何ら変わりはありません。
宿泊タイプも選択することができて、ホストと同室が嫌だという場合には、まるまる貸切という建物を独り占めできる選択肢があるので心配はありません。
もちろん地元の人と同じ生活をしたり、コミュニケーションが取れる生活がしたいという場合には、個室やシェアルームというプランがあるので、そちらを選べば同じ居住施設で同居をすることもできます。
一方、部屋を貸し出す側のホストは、Airbnbに無料で自分の情報を掲載することができます。
部屋の写真の掲載はもちろん、居住施設や近隣エリアの紹介、交通機関やWi-Fiなどの必要なサービスの紹介をすることで、自分に合ったゲストの招待が可能になります。
掲載が完了したら、後はゲストからのコンタクトが来るのを待っていれば良いのです。
部屋や建物が空いている人にとっては都合のいいサービスにもなりますが、ホストとしてゲストとのコミュニケーションはしっかりと行わなければなりません。
清潔な施設を提供するのはもちろん、おもてなしの気持ちでゲストを迎え入れる準備をする必要があります。
Airbnbという新しいシステムで、今までの旅行とはまた違った思い出作りができるのではないでしょうか。

SNSでもご購読できます。