2015年 10月 の投稿一覧

Airbnbがホストとゲストにもたらした恩恵

現在Airbnbが話題となっています。Airbnbが何なのかよくわからないという方のために詳しく書かれているサイトのリンクを貼っておきます。こちらのairbnb代行で評判の良い「Airbnb Supporters」ではAirbnbの紹介だけでなく運営・管理・代行もおこなってくれる会社なので気になった方は無料で相談してみるのもありです!

ここからはAirbnbを知っている前提の話になってきてしまうのですが、「民泊」という新しい旅のスタイルが流行しているそうです。ちょっと聞き慣れない言葉ですが、民泊とは、「民家に宿泊する」ということだそうです。つまり、ホームステイということですね。こう言うと、「ホームステイなら新しくない、昔からあったよ」、そんな反論が返ってきそうです。しかし、従来のホームステイと現在の民泊は似ているようで異なるものです。というのも、従来のホームステイは留学生が一般家庭に寄宿することと同義でしたが、現在の民泊の利用者は必ずしも留学生というわけではありません。むしろ、普通の旅行客がホテルの代わりに民家に泊まるようになっているのです。

ホテルではなく民家に泊まる旅。この民泊という新しい旅のスタイルを流行させたのが、Airbnbというアメリカのベンチャー企業です。Airbnbのサイトを覗くと、そこには様々な宿泊物件が紹介されており、そのほとんどがただの民家であることに驚かされます。大きな一軒家もあれば、こじんまりとしたマンションの一室もあり、お城やヴィラ、ツリーハウス、ハウスボートなんていう変わり種の物件もあります。ありふれたホテルではなくユニークな民家に泊まりたい。そんな欲望を世界中の旅人に植えつけたのが、Airbnbという民泊仲介サイトなのです。

新しい旅のスタイルが開かれたということは、新しいタイプのビジネスが開かれたということでもあります。民泊の流行は旅行者(ゲスト)に選択の多様性という恩恵を与えただけではなく、民泊の提供者(ホスト)に金銭的利益をもたらしたのです。Airbnbのホストの中には積極的な物件投資を行う人達もいますが、多くのホストは自宅を気軽に貸し出しているだけです。つまり、元手がゼロの状態から利益を生み出しているのです。現在、Airbnbに登録されている物件は150万件以上にもなりますが、かくも多くの人々がホストになるのは、民泊サービスが美味しい副業であるからに他なりません。

このように、Airbnbを中心とする民泊サービスの流行は、ゲストとホストの双方に恩恵をもたらしています。このWin-Win関係があるかぎり、民泊サービスが今後ますます盛んになることは疑い得ません。

Airbnbで賢く安く楽しい旅を

海外では割と当たり前に行われていたAirbnbのシステムですが、日本でも東京オリンピックの開催決定や世界文化遺産の増加などで、海外の観光客が増えるに従い浸透してきつつあります。
Airbnbは旅行者に自宅を宿泊先として貸し出したい人(ホスト)と、宿泊先を探している旅行者(ゲスト)とのコミュニケーションサイトのようなものです。
宿泊料金はAirbnbに登録をしたホストが設定をするので、一定の金額ではありません。
その設定された宿泊料金とAirbnb側に支払うシステム利用料が、宿泊時に発生する料金となります。
ゲスト側は190か国34000を超える地域で登録されているホストの中から、自由に宿泊先を選ぶことが可能なので、様々な地域の文化に触れることができます。
ホストを選ぶときにも詳細なプロフィールや、これまでにそのホストを利用したゲストのレビューを見て決めることができるので、普段の旅行でホテルを探すときと何ら変わりはありません。
宿泊タイプも選択することができて、ホストと同室が嫌だという場合には、まるまる貸切という建物を独り占めできる選択肢があるので心配はありません。
もちろん地元の人と同じ生活をしたり、コミュニケーションが取れる生活がしたいという場合には、個室やシェアルームというプランがあるので、そちらを選べば同じ居住施設で同居をすることもできます。
一方、部屋を貸し出す側のホストは、Airbnbに無料で自分の情報を掲載することができます。
部屋の写真の掲載はもちろん、居住施設や近隣エリアの紹介、交通機関やWi-Fiなどの必要なサービスの紹介をすることで、自分に合ったゲストの招待が可能になります。
掲載が完了したら、後はゲストからのコンタクトが来るのを待っていれば良いのです。
部屋や建物が空いている人にとっては都合のいいサービスにもなりますが、ホストとしてゲストとのコミュニケーションはしっかりと行わなければなりません。
清潔な施設を提供するのはもちろん、おもてなしの気持ちでゲストを迎え入れる準備をする必要があります。
Airbnbという新しいシステムで、今までの旅行とはまた違った思い出作りができるのではないでしょうか。

Airbnbによるビジネスは必ず許可を取る

ここ最近では、Airbnbによるビジネスを検討している方は増加傾向にあります。なぜならそのビジネスは、比較的大きく稼げる可能性を秘めているからです。
そのビジネスは、いわゆる建物を貸し出すサービスになります。ある意味、アパート経営に近いですね。住宅などを誰かに貸し出して、それによる利益を目指す事になる訳です。
しかもアパートを経営するのと違って、利回りなども比較的高くなりがちです。アパートを経営するとなると、利益率は数%前後にとどまる事もありますが、上記のビジネスの場合はそれ以上の利益率が生じる事もあります。もちろんその率が高い方が、それだけ大きく稼げる可能性があるのですね。
ですので最近ではそれに興味をお持ちの方々も増えていますが、注意点もあります。それを始めようと考えるならば、基本的には許可を取ることが必要になるのです。
そもそも私達が宿泊業を営むとなると、必ずと言って良いほど許可が必要になります。もちろん自治体などから許可を取って、そのビジネスを始めることになるのですが、無許可ですと色々な罰則が発生する事があるのです。もちろんそれでは、最終的には悲しい事になってしまうでしょう。
ちなみに既にAirbnbを経営している方も多く見られますが、残念ながら一部の方は、ちょっと無許可で経営をしてしまっています。それで自治体から怒られてしまっている事例も見られますので、くれぐれも気を付けた方が良いでしょう。
ちなみに許可を取る方法は、それほど難しい事ではありません。基本的には自治体に相談をすれば、どこで許可をとれば良いか教えてくれます。
何せせっかく稼ぎたいと思っても、自治体からのお咎めが入ってしまいますと、とても悲しい事になるでしょう。そうではなく、きちんと許可を取っておくのが大切だと思いますね。どのようなビジネスを始めるにしても、少なくとも自治体の許可などは取っておくべきでしょう。無難に合法に行うのが一番だと思います。

日本政府がAirbnb共同創業者に意見聴取

爆発的に広がっているAirbnbですが、日本でも旅館業法的にグレーであるように、各国反応は様々です。欧州の一部の国では早々とAirbnbを禁止した国もあります。
日本ではどうなるでしょう。日本への観光客が年間1500万人を超していますが、実はそのうち100万人がAirbnb利用者なのです。
海外からの観光客のかなりのシェアを2008年に創業したばかりのAirbnbが持っている現状になります。
そして、Airbnbの創業者によりますと、日本での需要はまだ伸びるとみているそうです。
日本の政府はAirbnbせざるを得ない状況でしょう。
第一の原因として、政府主導で海外からの観光客3000万人を目指していることもあります。
それなのに、現在1500万人程度の観光客で首都圏や人気観光地の宿泊施設は満員状態なのです。
経済状況を考えると、宿泊施設が今の2倍も建設できるとは考えられません。
そこでAirbnbのような一般の住宅を貸し借りできるサービスというのに焦点が集まっているのです。

Airbnb自体、未だニューヨークと揉めています。ただ、日本では国家戦略室が特区を設けて旅館業法の規制緩和を決定しています。そしてその一環として、自民党は観光立国調査会が開催した「観光産業活性化に関するワーキングチーム」において、Airbnbの共同創業者であるネイソン・ブレチャージグ氏から意見聴取をしました。
これは政府の主管する内閣府地方創生推進室とは別の動きで、自民党が行っている観光立国調査会ですが、自民党は当分与党であり続けるでしょうから、ほぼ同調した動きだと言えます。
また、自民党のIT戦略特命委員会でも検討が進んでいるようです。

やはり、そろそろ海外からの観光客の一割を担うようになるAirbnbを抜きにしては、観光立国推進は無理だと考えたのでしょう。
当面は東京オリンピックまでに年間2000万人の観光客を目標にしています。
ということは、これから東京オリンピックまではもちろん、その後もAirbnbの需要が増え続けるだろうと思われるのです。

現地の住居での生活を楽しめるサービス

世界各国で運営されている有名なホテルは、優れたサービスを提供する事で信頼されています。サービスの内容や質に変化は存在せず、多くの顧客がリフレッシュする事が出来るのです。しかし旅を楽しむ人の中には一流の宿泊施設の考え方に不満を抱くケースもあります。旅行を楽しむ人にとって見慣れたサービスが魅力的ではないからです。彼らの様な旅好きの人間は特定の地域でしか見られない慣習に価値を見出していると言えます。しかしホテルの目的は顧客の精神と肉体のメンテナンスであり、観光スポットとして機能させる事ではありません。だから文化を楽しみにしている人に向けたサービスを展開する事は難しいのです。それをクリアするために手を挙げたのがAirbnbになります。Airbnbとはウェブサイトの一つであり、未使用の不動産を所有している人が登録しています。未使用の不動産を旅行者のために貸し出す事で利益を得られるからです。このやり方は通常の宿泊サービスよりも料金が安めというメリットの他に、現地での暮らしを体験出来るというものがあります。住居は生活を便利にするため工夫が凝らされています。例えば日本に存在している家屋では玄関に靴を脱いで入室します。フローリングを外履きで歩き回るという慣習が存在しないからです。それは他国から来た人にとって非常に珍しく見えます。またキッチンの作りも大きく異なるので、食材を持ち込み調理する事で食文化も体験可能です。食材の調達は近隣のスーパーマーケットで行えます。買い物を済ませる前に袋を開封する事は許されていないので、それも外国人にとって目新しい光景だと言えます。以上の様に前述した文化を楽しみたい人間を満足させられるのです。Airbnbは宿泊設備の確保と異文化体験という旅の醍醐味を同時に達成出来ます。それは旅にスパイスを与えるため更に楽しく観光出来る事は間違いありません。だからAirbnbの登録者と閲覧者が増加傾向にあるのです。

鍵を受け渡す時間の都合が難しい事

最近は、Airbnbと言うサービスが流行ってきており、いくつもの物件を所有して旅行者に貸し出すという人が増えてきています。

これを副業としてある程度の収入を得ている人がいるため、そのノウハウを多くの人に広めている人がいるのです。実際に、人体物件の賃貸料金よりも数倍の収入を得る物件があるので、やり方によっては不動産売買よりも収入を高める事が可能になるのです。

Airbnbでは、旅行者が物件を借りる日に、ホストの方が鍵を渡すという手続きが必要になります。つまり、他の仕事をしていては旅行者が到着して鍵をもらい受けたいときに、その場にいることができないことがあります。

そうなってくると、鍵を受け渡す代行業者に依頼することになりますが、その費用が結構かかってしまうので、Airbnbで収入を得るすべてをトータルして考えると、かなりのネックになってしまうのです。

なので、副業として賃貸物件を旅行者に貸し出すという人の多くは、鍵を受け渡す際のコストをどれだけ下げることができるかがポイントになっています。

ある程度の収入が上がってくると、副業としてやっていくのではなくAirbnbで不動産を管理していくのをメインに考えていく人もいます。

まだまだAirbnbが広く認知しているとは言いがたいですが、それでも実際に利用した人の好感度は高まってきているので、今後の旅行のスタンダードなスタイルになる可能性は充分にあります。

なので、専業で不動産を管理していく人も増えていくと考えられるのです。多くの物件が登録されるようになってくると、今度は価格競争が発生してくる可能性があります。

現在のところはリーズナブルな料金で、空き部屋を借りることができるのでとてもメリットがあると話題になっていますが、価格競争が優先されて品質が下がったりしてしまうと問題になる可能性があるのです。

そのあたりを踏まえて、より利益を出す方法が求められてくるし、方法が分かってくると同じやり方をするライバルのホストの方も増えてくる可能性があるのです。