2015年 9月 の投稿一覧

旅の楽しみが倍増する、Airbnb(エアビーアンドビー)!

“旅好きの人はもうご存知かもしれないが、今回は旅の楽しみが倍増するAirbnb(エアビーアンドビー)というサービスをご紹介しよう。これは簡単に言えば、海外各地にある宿泊先をネットで予約できるサービスだ。宿泊先は世界各地にあり、希望する場所に該当施設があれば、その中から好きな所を選ぶ事ができる。Airbnbのサイト内には、各宿泊施設の部屋の写真や設備内容、料金など詳細な情報が掲載されており、また実際に泊まった人の口コミもあるため参考になり、選択しやすい内容となっている。
Airbnbには、一般家庭の部屋を宿泊用に整えて提供しているケースが多く、その貸主をホストと言う。予約前にホストに問い合わせする事もできるので、安心できる。その宿泊先の施設内容は、バラエティに富んでいる。一般家庭の部屋貸しを主流に、一軒貸ししている所もある。面白いのは、そのスタイルである。その国ならではの造りの部屋もあるようだ。例えばドイツのビール樽の部屋などがその一例だ。ホストの方は、それで収入を得ている人も多く、喜んでもらえる部屋づくりに力を入れている施設も多いのだ。一般家庭以外にも、城やツリーハウス、島などと言った体験型の宿泊先もあり、旅の楽しみが何倍にも膨らむであろう。このようにAirbnbは、思い出に残る旅にしたい人には特におすすめしたいサービスである。
Airbnbをおすすめする、もうひとつの理由がある。それは旅の出会いと言う楽しみが身近にあるという点だ。宿泊先のホストさんとの出会いも、そのひとつだ。少し長く滞在すれば、現地の人であるホストさんと親しくなれる可能性が高い。大袈裟に言えば、海外に友人ができたようなものだ。また部屋貸しタイプで共有スペースがあれば、各国の同じ宿泊者との触れ合いも楽しめそうだ。さらに近所のお店や公園などで、思わぬ触れ合いができるかもしれない。想像するだけでもワクワクしてくるであろう。概してAirbnbは、単なる旅以上のプラスアルファーの楽しみが詰まった、魅力的なサービスと言えるだろう。”

Airbnbを利用する場合の自己管理の方法

Airbnbを利用する時に、ホテルなどの施設に管理人などが駐在していなくて、盗難に遭ったなどの様々なトラブルに遭遇した声を聞いています。住宅として借りているという認識を持って大事に利用する事が基本ですが、盗難などのトラブルに巻き込まれないようにしっかりと自己管理を行う意識を持つ事が大切です。
部屋を借りていて、タバコの不始末で火事になったり、家財などの道具を破損させた場合は、規定によって多額の損害賠償をしなければならない場合もあります。火災などのトラブルに巻き込まれた場合に備えて、火災保険に加入している所もあります。不可抗力で火災などのトラブルに遭遇した時のために、各種の保険に加入して対策を練っている所が最近になって多くなっています。
Airbnbを利用した場合、仮に財布などの所有物を盗まれた場合、基本的には盗まれた物の補償などは行っていません。従って、高額の現金やブランド物などはできるだけ部屋の中に持ち込まない方が良いです。
最近は貴重品を持って来られる利用者の事を考えて、部屋の中に貴重品などを入れるセキュリティ対策としてのボックスを設置している傾向です。設置されているボックスに関して、厳重に作られていることが特徴で、少々の衝撃では破損しない造りになっています。金目の所持品を多く持ち込むことを想定して、金目も所持品に関しては、セキュリティのボックスに保管しておいた方が安全です。しかし、すぐに利用する財布などは自分の責任としてしっかり管理しておく事が原則です。
貴重品や利用をする際に不安な事があったり、トラブルなどが出た場合に遠慮なくAirbnbの運営者に尋ねます。内容によってはAirbnbの運営者が対処しかねる事もありますが、家族や個人が解決しきれない事を抱え込まない事が原則です。自分で管理する能力でトラブルに巻き込まれない意識を持つ事も大切ですが、快適に過ごしていくために専門知識のある運営者に尋ねる事が不安の解消の対策になります。

Airbnbを利用して少し変わった宿泊施設に宿泊する

 Airbnbを利用するメリットを考えたとき、宿泊施設が変わっていておもしろいというのが挙げられます。Airbnbに登録されているホストは、観光客を楽しませようとする考えの人が多いため、普通の宿泊施設を提供していない場合があります。それは、見た目や宿泊施設の場所がかなり変わっているということです。

 その中には、コンテナハウスやツリーハウスもあり、それらの写真を見ているだけで「すごい!」ととても驚いてしまいます。日本に比べて海外は住居の様式がさまざまあるため、その中には想像外の宿泊施設があったりもします。便利さだけを考えれば普通の宿泊施設のほうがもしかしたら良いのかもしれませんが、そこで日常生活を送るわけではない海外旅行ならば見た目や場所にこだわって宿泊施設を選んでみるのも一興です。

 その姿を写真に撮ってSNSにでもアップすれば大きな注目を浴びるでしょうし、これぞまさに海外旅行の醍醐味といえます。そして、そんな少し変わった見た目や場所だったとしても、宿泊料金がそこまでバカ高くなるわけではないです。Airbnbはそこが大きな魅力で、たとえ宿泊施設にこだわったとしても宿泊料金は安く済ませることが可能です。

 どうせ海外旅行をするのなら、日本では絶対に味わえないような体験をしたほうが良いです。海外旅行はかなり長くても1週間くらいが限度ですので、その間になるべく非日常な体験をしておいたほうが記憶に残ります。

 海外旅行をしているときは見るものすべてが新鮮でそこがとても楽しいわけですが、それは宿泊施設においても変わりないです。そんな宿泊施設に宿泊することができればいつまで経っても忘れない旅の記憶になりますし、それが実現できるAirbnbはかなり役立つサイトだと評価できます。

 あまりにもトリッキーな宿泊施設はさすがに躊躇してしまうかもしれませんが、そんな宿泊施設に思い切ってチャレンジするのも悪くはないですし、Airbnbは利用のしかた次第で海外旅行を大きく変えられます。

Airbnbは革新的なサービスなんです。

Airbnb、これは旅行好きにとっては非常に革新的なサービスになるかもしれません。
なんといってもホテルなどの宿泊施設を利用するのと比較して、非常に割安である場合がほとんどなので
旅費も安く抑えられますし、何よりも現地の人々とコミュニケーションをとるという
旅行の醍醐味を非常に味わえるからです。
Airbnbが提供しているのはなんと、現地の普通の人の家に宿泊できるというサービスで
今ではサービス開始された場所のアメリカのみならず日本を含む世界レベルでサービスが展開されています。
Airbnbにて家に宿泊OKとして登録している人も様々で、普段はホームステイなどを受け入れている
ごく普通の一般家庭などに始まり、セレブがその豪邸の敷地を貸し出しているケースなど
多岐に渡ります。なので、自分の旅行目的に合わせて宿泊する施設を選ぶのが良いでしょう。
その地域の雰囲気を味わいたければ、そのような雰囲気のある家に宿泊すればいい訳ですし
普通に快適な旅行を楽しみたければ、ある程度近代的な設備をもっていそうな家に泊まればいいわけです。
このような旅行者のニーズを的確についてくるAirbnbのサービスは宿泊業界の価格破壊を引き起こす
といわれるほどで、その言葉からはサービスの拡大と安価ぐらいが非常に分かりやすく伝わってくると思われます。

Airbnbに登録されている家々は非常に膨大な数になるので
宿泊する場所を探そうにもどの家が良いのか迷ってしまう事もあると思われます。
そんな人が参考にするべきなのが、他のAirbnbによる家々に対するレビューと
お気に入りリストです。
レビューはその名前のとおり、Airbnb上にて宿泊した家の評価を書く所で
お気に入りリストは一般的なイメージの物とはことなり、そこにお気に入りの物件を載せる事で
他のユーザーに公開され、おすすめ物件をシェアしあえるという仕組みになっています。
この機能はAirbnbユーザーに非常に評価されていて、この機能が追加されてから
Airbnbの利用者自体が上昇したという結果がでるほどです。

海外旅行でAirbnbを利用して宿を予約してみる

 海外旅行には、自分を成長させてくれるような体験がいくつもあります。日本では当たり前のことでもそうでないことがあり、それら一つ一つにいちいち驚いたりします。海外旅行はいろいろなリスクもあるので気軽には行えないのかもしれませんが、それでも人生において一度くらいは体験しても損はありません。そして、そんな海外旅行で重要なウエイトを占めるポイントと言えば、それはどこの宿に泊まるのかということです。

 日本で何不自由なく生活していると、泊まる場所についてはあまり深く考えないのかもしれませんが、それが海外旅行となれば別です。どんな場所に泊まるかによってその旅行の是非が決まると言っても過言ではなく、100%満足できるような場所に泊まれるようにしなければなりません。通常で考えるならば、ある程度名の通ったホテルに泊まるのが良いのかもしれませんが、選択はそれだけに限らないです。ここ最近流行の兆しをみせているのが、Airbnbというwebサイトを用いた宿泊です。

 Airbnbを利用すれば、現地でホストの提供する場所に宿泊することができます。その料金は概ね安くなっているため、リーズナブルに海外旅行を楽しみたい人にとってかなりの人気を博しています。Airbnbには他の旅行者からしっかりと評価されている優良なホストがたくさん登録されていますので、1番気になる安全性についてもある程度は信頼することができます。それでいて安く利用できるならそれに越したことはないはずで、だからこそ海外旅行するときには重宝されるようになってきています。

 ですので、海外旅行に少し慣れてきてちょっと違った体験をしてみたいという意向があるならば、Airbnbで宿の予約をするのも良いです。普段の海外旅行と比べてさらに貴重な体験をすることができますから、まさに一生の思い出に残ります。Airbnbのサービスは1度利用すれば問題なく利用できるほど操作はしやすいですし、海外旅行が趣味の人にとってとても大きな存在になってきています。

人と繋がれるAirbnbの楽しさや魅力

海外の宿泊形態において、近年とても強い人気を集めているサービスといえば、Airbnbが挙げられます。
Airbnbを活かすことによって、個人の家に泊めてもらうといったユニークな体験を気軽に堪能することが出来るのです。
普通は海外旅行といえば、ホテルやコテージへ宿泊するものと思い込んでいる人も珍しくないと思います。
かつては私もそうであり、ホームステイ以外で個人の住居を利用する方法があるなど思いもしなかったのですが、Airbnbを友だちから教えてもらい、感動しました。
Airbnbの安心感といえば、実際にその家に泊まったことがある人の、実際のリアリティ有る口コミ情報を知れたり、ホストさんへの印象や感謝などの口コミをチェックできることです。
何も情報がない家にいきなり泊まるのは不安だという人であっても、Airbnbならば実際にその家を利用した人の口コミを知ってから、ホストと交渉したり、ホストへコンタクトをとることが出来るのです。
Airbnbを利用して長期的に滞在する場合であれば、台所を使える物件を選んでおくのが賢い選択だと思います。
物価が高めな国であると、レストランを利用したりと外食を続けていると、結構滞在中の食費がかさんでしまうことも多いからです。
しかし、Airbnbでキッチンを利用できる物件を選んでおくようにすれっば、自分たちでスーパーなどへ買い出しに行って自炊できたりと、安く食費を抑えることができるので、節約を自然と叶えることができるのです。
Airbnbでは非常にオリジナリティ溢れるおしゃれな邸宅も豊富ですし、ホテルにはない個性や、その土地特有の独特なムードを堪能できる住まいが多いです。
海外特有のおしゃれな作りの家に憧れている人や、海外に移住してきた感覚を手軽に味わってみたい人や、インテリアに高いこだわりがある人にとっても、Airbnbは非常に楽しいサービスであると言えます。
また、Airbnbでは現地の方や、その家のファミリーの人々とコミュニケーション出来るので、語学力アップを狙いたい人や、異文化交流を満喫したい人にとっても実は狙い目です。

旅行先で住居を利用出来るサービスについて

旅行の目的は文化を楽しむ事だと言われています。文化は国や地域によって異なっているもので、旅行先で見慣れぬやり方に戸惑うケースは少なくありません。しかし文化の違いによって驚かされる事は、旅を何度も繰り返すうちに病みつきになるのです。人気の観光スポットが偏るのはイベントが充実しているからだけでなく、過去の時代の文化が色濃く残っているからだと言われています。しかし歴史的な遺跡や遺物が飾られている美術館で触れられるのは過去の文化です。現代の風習や生活習慣を体験する事は難しいと言われています。宿泊で利用するホテルもより多くの人から受け入れられるように、無難なサービスや構造になっている事が珍しくありません。だから最近では旅行先で住居を借りられるエアビーアンドビーが人気です。エアビーアンドビーは契約している人が住居を貸し出すサービスであり、ホテルの様な完成されたサービスは提供されません。しかし常識の範囲内であれば好きな様に借りた住居を活用出来るため、現地での生活を体験出来ると言っても過言ではありません。利用方法も非常に簡単でエアビーアンドビーのサイトを通して、住居を貸し出す人とやり取りを円滑に進めるだけです。サービスの提供者が利用金額を決定するため、場合によっては宿泊施設のサービスよりも割高でなのが難点だと言えます。しかし現地に住む人が送っている生活を実際に体験出来るため、観光スポット巡りよりも文化を知る事が出来ると評価する人も存在するのです。エアビーアンドビーのサービスが高い評価を受けるようになったのは、ロンドンオリンピックが契機だと言われています。当時のロンドンでは宿泊施設が少なかったので、オリンピックの観戦客が苦労する事になったのです。しかしエアビーアンドビーのサービスが活躍した結果、観戦客が安心して利用出来る拠点を手に入れられました。だから2016年のオリンピックでも、ホテル不足の問題を解決する事を期待されています。

予想外の旅をAirbnb(エアビーアンドビー)で。

旅行って楽しいですよね。旅行に出ると、毎日のルーティンワークの繰り返しで疲弊した心がよみがえる気がします。ホテルに泊まって観光地を巡って美味しいものを食べて…というありきたりの旅も楽しいものですが、もっともっと充実した旅を経験したくはないですか?
もしあなたがそう思うのならAirbnb(エアビーアンドビー)を試してみて下さい。こちらは2008年8月にサンフランシスコで発足したコミュニティー・マーケットプレイスです。そのサービスは世界中の旅人と宿泊場所をつなぐというもの。ミソはその宿泊施設がただのホテルではないこと。通常なら泊まれるはずもない、一般の家庭やお城や遊牧民のゲルなど、ありとあらゆるユニークな場所が宿泊施設として登録されています。
そして今、この瞬間にもAirbnb(エアビーアンドビー)に登録される宿泊施設は増え続けています。世界190ヶ国34,000以上の都市で展開されていると聞けば、誰もが驚くのでは?というか都市って34,000以上もあったのですね…。
明治時代、東北や北海道などを旅行し、旅での見聞を「日本奥地紀行」に残したイギリスの女性旅行家イザベラ・バード。彼女の時代、旅籠がそこかしこにあるわけではなく、旅の途中の宿泊には一般の民家を利用することも珍しくありませんでした。そうした体験から編まれた珠玉の旅行記は、今でも読む者の心を揺さぶり止みません。
何でもかんでも清潔に安全にと進化し続けた時代を越え、今、私たちに必要なのはイザベラ・バードの時代のような経験なのではないでしょうか?
Airbnb(エアビーアンドビー)の底に流れる理念には、そういった旅の経験を尊ぶというところがあるように思われます。
「うまく現地にたどり着けるだろうか?」と心配したり、泊まった先で受けた人の親切に涙したり…旅先で出会う予想外の出来事こそ、旅の良き思い出となるはずです。
予定通りスケジュールをこなすことばかりが、旅する目的ではありません。あなたにも、Airbnb(エアビーアンドビー)で巡り合った場所で、かけがえのない旅の時間が過ぎることを願ってやまない次第です。

良い物件は早めに抑えておくように

Airbnbにて、現地の物件を借り受ける際にはいくつかの注意点があります。その一つは、その物件の紹介されている文章をすべて読むという事。オーナーが気になっているところや、注意して使ってほしいポイントが書かれているのでそれを了承し借りる事になります。

しかし、その部分で疑問点があるのであれば、借りる予約をする前の段階でメールで問い合わせをすることが可能になります。物件を所有しているオーナーは早めに問い合わせに答えるルールになってるので、数日後に返信があるはずです。

そのような物件に対する注意点を熟知して、ルールを守ることが出来るかどうかがポイントです。そして、もう一つがオーナーが男性であるか女性であるかです。特に少人数の女性の旅行の場合では安全性などを考慮するのでこのあたりを相談できるかどうかがポイントになります。

時には、シェアルームである可能性があるので、そのあたりの住み心地と料金設定あたりの疑問点を早めに解消しておく事が大事です。

また、物件を選ぶ時の最大のポイントが駅やバス停からどれくらいの距離があるかです。旅行の際に回る予定の観光地やショッピングスポットなどからあまりに遠いと、旅行プランが立てにくいので立地条件を最優先にすることが大事です。

このような部分をチェックしていくと、必然的にある程度の地域と条件が揃うようになります。それを前提に物件を絞り込んでいけば、可愛いデザインの住み心地が良さそうな物件を借り受けることが出来るはずです。

Airbnbのスタイルは、世界的にも人気が出てきているのでその物件数が飛躍的に増えています。その情報を逐一ネットで確認する事が可能になっており、旅行プランを計画している段階で良さそうな物件があるかどうか調べておくことです。

そして、予約を早めに申請しておくことです。予約をした段階で承認される場合と、承認されるまで多少の時間がかかる場合があるので、良さそうな物件は早めに抑えておく必要があるのです。

Airbnbというサービスのこれまでの歩み

最近よく聞くAirbnbというサービスですがそもそもどのようないきさつで誕生して
これほどまでに拡大したのでしょうか。
Airbnbはブライアン?チェスキーとジョー・ゲビアという二人の人物のアイディアから始まりました。
彼らが共有していた部屋に宿泊サービスとしてエアベッドと朝食のサービスを提供するところから始まり
その後ネイサン・ブレチャジックという人物を三人目の創業者として向かえ
Airbedandbreakfast.comとして正式にホームページを開設し活動を開始したそうです。
このサイトを立ち上げるための資金集めとして、シリアルの販売なども行い
それは当時の大統領候補から着想を得たものだったのですが、それがヒット
Airbedandbreakfast.comの開設資金へとなりました。
正式にホームページが立ち上げられた後、細々としたエアベッドと朝食のサービスだけではなく
現在のAirbnbに通じる物件の貸し出しに関するサービスも開始されました。

2009年3月にはAirbedandbreakfast.comを現在のAirbnbに改名し、現在行われている
一般の住宅を使った宿泊サービスなども開始されました。
今ではホテル業界など宿泊関係のサービス業界から警戒の目を向けられるレベルにまで成長しています。
400万人が利用するまでは4年の年月が必要だったそうですが、そこから900万人まで進むのには
一年とかからなかったそうです。
これまでは世界各地で展開しつつもどちらかというとアメリカやヨーロッパといった
西洋圏に活動の重点を置いていたAirbnbですが、最近シンガーポールに新しい本部を設立し
これからはアジア地区でもサービスの拡大を積極的に行っていくそうです。

海外では不況で高所得層でも、家を手放さなくてはいけなくなるというような事態も多々発生しているのですがそのような人たちがAirbnbで自宅を貸し出すことによって、その収入によって
生活を保っているといったケースもあるそうです。Airbnbのサービスが個人の問題にまで影響を及ぼしていることの好例でしょう。